Rootsの家の設計の基本はログハウスです。ログハウスは積み木のように丸太や角材を積み上げ、それがそのまま家の壁のなるので、間取りを考えるのと同時に構造と外観デザインを決定しなければいけません。そして、2階の柱や壁は当然1階の重要な構造体である「積み木の」壁の上に壁を立ち上げます。

ログハウスの2階の構造体の下に1階のログ壁があるように、ティンバーフレーム やポスト&ビームや日本の古民家など、太い柱や丸太で柱や梁を構成する木造の建物は2階の主要な柱の下には必ず柱があります。

そうして作られた建物ははシンプルでかっこよく、そして地震などの災害にも強い建物になります。

関連記事

最近の記事 おすすめ記事
  1. ライフサイクルコストについて

  2. 設計について

  1. 理想の家のカタチ

  2. 変わらないルールと変わるライフスタイル

  3. ライフサイクルコストについて

カテゴリー

アーカイブ

検索


TOP
TOP