畳のこと

Roots工務店は、畳にもこだわりがあり、畳表は九州から取り寄せています。

現在国内で流通している畳の80%が中国産のイグサが使用されているらしく、日本のイグサ業界は壊滅状態だといいます。しかし、農薬の規制がない中国では大量の農薬が使用され、製品には防カビ剤や着色剤が大量に添付されていることを知りました。

9年前にそんな現状を知り、本当に良い畳を探していた時に素晴らしい出会いがありました。そのご夫婦は、本当に良いイグサ(畳)をお客様に提供して喜んでもらおうと、ほんとうに一生懸命がんばってトコトンこだわりを持って作っていました。また、今までお客様に助けられて来たと心からお客様に感謝をし、自分たちで出来る最大限の努力をしていたのです。

まずは土づくりからこだわり、膝を壊しながら夫婦で草取りをされているそうです。
また、刈り取った後、1時間「どぶずけ」といって、泥の水にイグサを入れるらしいのですが、その泥にもこだわりがありました。

ご夫婦が作られた畳は、他の畳の倍長持ちするそうです。地元のお寺に納めた畳は、今まで普通の畳だと3年に一度表替えをしなければいけなかったのが、今、自分たちが作った畳で6年経っているが、まだまだ大丈夫とのこと。
普通の家でも、10年はもつどころか、裏返しにするとまるっきり新品同様になり、また10年使えると自信を持って言ってました。私の自宅でも使用していますが、本当に長持ちしています。

イグサは、1400年の歴史があり、畳も400年の歴史があるそうです。
もともと、それだけ使われていたということは、イグサ自体にすばらしい機能が兼ね備えられているということなのですが、ご夫婦は、元々のすばらしい機能をさらに高めようと、日々、努力していらっしゃるのです。

今年25周年ということで枕とゴザが送られてきました。もともとご夫婦はこの畳で寝ると健康になると言っていました。ちょうど1ヶ月前から睡眠アプリを利用していたので計測した結果、快眠度という指標が、いつも60%(日本人の平均63%)くらいでしたが昨日はなんと82%でした!!要するにぐっすりと深い睡眠がとれたということです。ちなみに最高がオランダの76%だそうです。

関連記事

最近の記事 おすすめ記事
  1. ライフサイクルコストについて

  2. 設計について

  1. 天然乾燥の檜について(その2)

  2. Rootsのリフォーム

  3. 三方よしの家づくり

カテゴリー

アーカイブ

検索


TOP
TOP